記念硬貨の価値が高い理由 買取時期いつがいいか

記念硬貨の価値が高い理由 買取時期

記念硬貨はもともとただのコインです。金であれば金の価格。銀であれば銀の価格と連動しています。銅の100円、500円記念硬貨が価値が低いのは、資源として価値が低いからです。買取に出すにしても銅の記念硬貨は売れないものが多くなります。

銀貨は額面が低いものが多くなります。500円、1000円などがあります。銀貨はもともと金やプラチナなどレアメタルより価値が低いものです。買取価格でも資源として価値が高いものは高くなります。銀貨は1万円以上の買取価格例が少ないものです。1000円から5000円前後が相場です。

ただ、長野五輪記念硬貨以降(1997年)の銀貨は価値が上がっています。高度な偽造防止処理、カラーコインの珍しさ、製造コストの高さなどがあります。もともと造幣局の販売価格が額面以上なのです。1000円銀貨であれば5000円以上。1万円する銀貨も有りました。

金貨は金の価格が査定額にも影響します。古銭とは違うので、純粋に金の価値が大きく関係するのです。一部のプレミア種類なら、金よりも高い価値になるでしょう。ただもともと記念硬貨は大量発行されるものです。現存数が多いもので、プレミアが付くものはほとんどありません。一部の限定セット、記念メダル、エラーコインなど珍しいものにプレミアがつきます。

金は値上がりの期待が大きいものです。貴重で、世界中の資産家や投資家から好まれています。金の価格は安定的でこれからも値下がりしづらいと言われています。記念硬貨でも金貨になると価値が高くなります。1万円金貨、5万円金貨、10万金貨があります。

記念メダルは特に貴重です。額面の価値が決まっていないもので、オープンプライスです。ただ金貨では同じように金の価格と連動しやすいものです。これに人気や希少性、市場の需給などが加わって価値が決まります。

記念硬貨の価値は決まっていません。額面価格が最低価格。ただ額面割れしたものも多くなっています。銀行にとっては不利益なもので、価値の低いものは引き換えしないものもあります。コインと言っても、古い骨董品とは違います。明治時代の金貨はプレミアが付くものなら、金の値段の10倍以上の価値が出ます。江戸時代の大判や小判でも同じです。希少価値が付くもので、資源価格の何倍にもなるのです。