五輪記念硬貨は高く売れるか

記念硬貨五輪高い

昔の初回東京五輪記念硬貨は、記念品として発売されました。買取価格が高いものでもなかったのです。

・1964年東京五輪記念硬貨
500円銅
1000円銀貨
他記念メダル

現代の買取価格は額面より下がっています。コレクターや値上がりを期待した人の売出しが増えています。投資家や資産家、一般の収集家から価値がないとされたからです。遺品整理や自宅整理などで買取処分する人も多くなりました。

2020年には二回目の東京五輪があります。

・2020年東京五輪記念硬貨
1000円銀貨
パラリンピック1000円銀貨
他記念メダル等

イベント開催前から発売がされて、取引が始まっています。造幣局で販売されたものが、コインショップや業者間取引などで転売されていきます。買取価格もまだ高い水準です。イベント開催に合わせてショップも入荷したいのです。

2020年以降の記念硬貨の価値はわかりません。

・2018年の買取相場
15,000円~20,000円

1000円が10倍以上の値打ちになっています。発行数が少なく、カラーコインで珍しくもあります。五輪開催でイベント成功すれば値上がり期待もあります。買取価格も、販売価格と同じように高くなります。

東京五輪は昔の物だと大幅に価値が下がりました。2020年の二回目東京五輪記念硬貨の将来は二種類あります。

1.これからも高い
最近の記念硬貨は偽造防止に工夫がされました。さらに、資源価格やコストなどでお金がかかっています。悪質な偽造集団が作りたくても、損をするから作れないのです。プレミアム性は維持されるので、将来も1000円以上の価格が期待できます。額面割れしたとしても銀行で両替ができます。

2.値下がりする
記念硬貨で銀貨、銅貨は値段が上がる理由はありません。買取に出す人が多いので、買う人が少ないのです。昔の記念コインは10000万枚以上あるので、大量に余ります。買取価格が上がらないどころか大幅に下る可能性が高くなります。最低限の買取価格は維持されますが、記念硬貨の一部は銀行でも引換ができません。投資や資産としてお考えの方なら、価値が下がるリスクに付いても考えてみるといいでしょう。

検索エンジンCKE