記念硬貨は投資対象になるか?買取出すべきか

◆投資とは
・長期的な投資
・短期的な利ざやを稼ぐ
・資産的な価値がある
・将来の見込みがある

記念硬貨は銅、銀、金などがあります。バイカラークラッド貨やカラーコインなどがあり、ただの銀貨や金貨でもありません。独自の価値を持っているため、普通のお金とは違いが出ます。

◆記念硬貨の値上がり期待
・現存数の低下から希少価値が出る
・将来貴重になる
・コイン投資が盛んになる
・現物資産への関心の高まり
・金など資源的な値上がり期待
・日本の金融経済の恐慌

◆記念硬貨の値下がり危険
・資源価値の下落
・人気のさらなる低下
・売り手の増加と買い手の減少
・市場の供給過剰、在庫余り

投資には失敗はつきもの。昔から、切手やコイン、金に株など投資先は複数ありました。ただ価格は常に一定ではなく、急激に上昇下降するものです。金貨や銀貨などは比較的安定的とされますが、実際に価値の下がった記念硬貨もあります。

今では投資対象は数が多く、利回りが良いものが好まれます。投資ファンドや仮想通貨、FXなどです。記念硬貨などのコインは、値上がりした事例もありますが、高利回りで利益の高いものではありません。同じように地金型金貨も投資にされますが、値上がりの期待度は高くなく、元本保証ももちろんありません。

コインはプレミアが付くような貴重なものに限っては、高い利益を上げます。これは日本の記念硬貨よりは古銭や古代のコインです。これは実際に投資家や富裕層が買うもので、10万円前後のものから100万円以上のものまでさまざまあります。数十年前と比較して倍以上の価値に上がったものもあり、投資番付などのチャートを見てみると100%以上の値上がりをし続けています。平均して上昇トレンドをし続けていて、人気と価値をもち続けていることがわかります。

記念硬貨は一部のプレミアが付く種類なら、値上がり期待もあります。ただ投資と同じで、上がらないどころか下がる可能性もあります。下がった事例としては10万円金貨や1000円銀貨などがあります。銅の記念硬貨は元々投資的価値が低いもので、値上がりは期待しづらいでしょう。買取に出すのは高い時が最適。今の価格を知っておくことも重要です。