記念硬貨の買取で高額査定を出す秘訣

記念硬貨の買取で高額査定を出す

・買取価格が高い時に売る
買取価格は時価です。昔はもっと高い時期がありました。記念硬貨といえば、発行枚数が1000万枚以上。元々値上がりする要素はないのです。下がるだけなので、早めに売るのがコツです。値上がりするものは、一部のエラー記念硬貨や限定のセット品などです。ミントセットや記念メダル、少数生産のものは買取価格が下がりにくくなります。

・記念硬貨が得意な会社選び
記念硬貨は銀行でも両替できるものですが、もっと高く売れます。1万円の金貨が1万5千円、高いものは2万円以上もあります。これは銀行で両替すると損をしてしまいます。買取会社でも、高額査定が特徴な所がおすすめです。なんでも買い取りするリサイクルショップでは買取価格は高くはならないのです。記念硬貨、古銭、コイン類の高価買取専門店を探すといいでしょう。例えばスピード買取.jp、買取プレミアムなどがあります。

・自分で売る
ヤフオクは今でも利用者が多数。売れないものでも、ネットオークションでなら売れます。500円の記念硬貨。これは買取会社で売れないものですが、セット品や全種シリーズなど付加価値を高めると高く売れます。高額になるものは、まとめたセット内容だったりします。メルカリ、イーベイなど他のネットオークションもあります。100円、1000円でも額面以下になるものは工夫次第でもっと高く売ることもできます。

・記念硬貨の相見積もり
買取会社はそれぞれ違った買取価格を出します。一度に複数の会社に見積相談してみてもいいでしょう。実際に査定すると大変なので、電話かメールなどで相談します。コイン(箱、ブリスターパックなど)をデジカメなどで撮影して、メールに添付して送ります。記念硬貨は種類や年代でも買取価格がわかります。どこの会社が一番高いかは比較すればわかります。

・金の相場が値上がりするのを待つ
1万円金貨、10万円金貨は金の相場と連動しています。金の1gあたりの価格が上がると、記念硬貨の金貨も価値があがるのです。金の価格は金貨専門店や貴金属店の公式サイトに表示されています。日経新聞やニュース情報でも金の資源価格はわかります。高くなった時に査定に出すと、いくらか買取価格は上がります。