500円記念硬貨は買取、両替どちらがいい

記念硬貨は両替できます。買取業者でも500円を500円以上で買い取りするのは難しいのです。反対に手数料をとるので、実際は450円500円前後で買い取ります。それならと、買取業者は銀行での両替をすすめます。

買取会社も利益を出せません。500円記念硬貨の持ち主にとっても、もとより安い金額になるのでメリットがないのです。そのため記念硬貨の500円銅貨は買取しないのです。

銀行で両替する場合でも、どこでもよくはありません。日本銀行、、ゆうちょ銀行では両替できません。ゆうちょ銀行は一部でサービスの範囲で行うこともあります。基本的には都市銀行、大手のメガバンクが良いでしょう。地方銀行では時間がかかったり、両替手数料をとることもあります。

・ATMでは両替できない
・銀行で用紙へ記入
・10分から1時間待つ
・手数料有料の場合あり
・小さい地方銀行は不可の場合あり
・地方都市では対応が異なる

500円の記念硬貨が一枚ならいいのですが、大量にある時は時間がかかることもあります。記念硬貨は偽物も出回っているため、真贋鑑定が必要になります。機械で測定して、本物か偽物かを判定します。これも一枚あたりで数分程度時間がかかるため、大量の記念硬貨、現行のお金だと時間が長くなります。

専用の機械がない場合は、受付しないか銀行へと送るので時間が長くなります。この時手数料をとるのが一般的です。銀行でも無料では両替できないものもあるのです。

メガバンクの支店、ATMでは両替ができません。100円、500円、1000円、10000円、1000000円のどれでも同じです。人間が鑑定するか、専門の機械で対応するからです。500円や100円でも、額面よりも高い例があります。ミントセットやエラー記念硬貨などは予想より高くなります。

・ミントセット 666円
⇒700円~2,000円

・500円エラー記念硬貨
1,000円~10,000円

銀行ではこのように額面以上で両替はしません。1000円銀貨で、買取会社で5,000円の値段が付くものがあります。これは銀行ではもちろん1,000円で両替します。みずほ銀行など大手の銀行でも、信用金庫などでも同じです。小さい銀行でも両替することもありますが、できればメガバンクなど大きい銀行がいいでしょう。